マイルの貯め方

マイルの貯め方

フライトやクレジットカードの決済では、なかなかマイルは貯まりません。

クレジットカード決済について

標準的な1%と言われるカードのポイント還元ですが、マイルに交換するとさらに半分の50%の交換レートのため、最終的には0.5%マイル還元率となります。

100万円の利用でも5,000マイルです。

これではなかなかマイルは貯まりません。

フライトマイルについて

一例として、東京からニューヨークの片道の正規料金で行った場合(100%付与)のマイルを見てみましょう。

東京からニューヨークは、6,723マイルです。

http://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/flightmile/int/chart.html

これでもなかなかマイルは貯まりません。

ハワイへの特典航空券40,000マイレージはなかなか貯まりません。

 

簡単にマイルを貯める方法

ズバリ!陸マイラーになることです。

陸マイラーとは?

飛行機に乗ってマイルを貯める人をマイラーと呼びますが、飛行機に乗らずに日常生活でマイルを貯める人の事を「陸マイラー」(おかマイラー)と呼びます。

 

基本としては、クレジットカードの利用の1%還元を使って、できる限りの決済をクレジットカードで行うことでポイントを貯めます。

これをマイルに50%の交換レートで交換します。

することです。(もっと多くのマイルを獲得する方法もあるのですが、まずは基本を理解しましょう!)

 

 

ANAとJALのマイルを比較してどちらが良いか

ANAとJALのマイルの違いを比較します。

どちらのマイルを貯めた方が良いのでしょうか?

ANAやJALが提携している航空会社やショッピングのサイトで、普段使っているところに合わせるのがマイルが貯めやすいです。

ただANAとJALに圧倒的な違いがあります。

それが「ソラチカルート」の有無です。

ANAには「ソラチカルート」があり、陸マイラーに圧倒的に有利にマイルが貯まります。

 

マイルを貯める方法には、飛行機に乗ったり、クレジット決済でポイントを貯めるなど、いくつかありますが、大量のマイルを貯めるのに一番良い方法は、
ポイントサイトとソラチカカードを使った「ソラチカルート」の活用です。

ソラチカルートとは?

ANAマイルを効率よく貯めることができる特別なクレジットカードが『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)です。

これを保有するだけで、ポイントを90%という高い交換レートでANAマイルにすることが可能になります。

 

ソラチカルート手順

  1. ポイントサイトの「ハピタス」のポイントを貯める
  2. ポイントサイトの「.money」のポイントに交換します(交換レート:100%)
  3. さらにソラチカカードの「メトロポイント」に交換します(交換レート:100%)
  4. 最終的にそれをANAマイルに交換します(交換レート:90%)

これでポイントサイトの「ハピタス」のポイントを90%でANAマイルに交換可能です。

毎月上限があり、毎月の上限まで交換すると、年間で21万マイル以上を貯めることが可能です。

マイルを貯めるうえで必須となるクレジットカードが『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)です。

ANAマイルへの交換率は90%です。

http://www.sorachika.jp/

 

ポイントサイトとは

ポイントサイトは、企業がポイントサイトに広告を出す代わりに、広告料の一部をポイントサイトと広告の利用者に還元する仕組みのサイトのことです。

企業はテレビや雑誌に広告を出展すると膨大な広告費がかかりますが、ポイントサイトでは、広告費を抑えてその分を広告の利用者に還元しています。

「ハピタス」はそのなかでも最もおすすめのポイントサイトです。

ハピタスでは大手企業のサービスや有名ショップ3,000件以上と提携しており、高還元でポイントが貯まりやすいです。

ハピタスは10年以上の歴史がある安定した信頼のできるポイントサイトで、問い合わせにも迅速に対応してもらえます。

普段のショッピングやサービス利用、クレジットカードの発行、FX口座開設などを通して、ポイントを貯めてみませんか?

ハピタスの登録方法

ポイントサイト「ハピタス」への登録はこちらからどうぞ。

登録、年会費は無料です。

初回登録時に、電子メールと携帯電話での認証が必要です。

登録は2分程度で完了します。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です